TOP > 松前辞典 > 本丸表御殿玄関
TOP PAGE
名所周遊号
さくらセミナー
PLAY SPOT
SIGHTSEEING
TOURIST ROUTE
EVENT
ACCESS
WHAT'S MATSUMAE
NET SHOPPING
CHERRY BLOSSOMS
FOOD
SOUVENIR
STAYING
SHOP LIST
GALLERY
MATSUMAE DATA BASE
GUIDE BOOK
http://mobile.asobube.com/
教育旅行
千年北海道手形
夫婦の手紙全国コンク
BACK
本丸表御殿玄関

6年の歳月を賛し、慶長11(1606)年8月に完成した城は、当時これを「福山館」と称していた。
その後、寛永14(1637)年3月、城中から火を出し、硝薬に飛火、建物の多くを焼失、同16年6月これを修築した。
嘉永2(1849)年福山城新城構築の際、旧本丸表御殿の建物は、そのまま新城に利用された。
明治8年、開拓使の手によって福山城の建物は取りこわされ、表御殿と天守、本丸御門を残すのみとなった。
表御殿は、同年開校された松城小学校校舎として充用されてきたが、明治33年新校舎建築の際撤去された。
しかし、この表御殿玄関だけは、小学校正面玄関として利用され、昭和57年までの間、原形を保っていた。
現在は、そのまま曳屋(ひきや)され、管理保存されている。
この玄関は、京都伏見城の一部を移したものと伝えられているが、唐破風の曲線や懸魚(げきよ)は、桃山時代の埼麗な作風をもち、また外部の於竹梅に鶴亀、内部の五・三の桐と相対すおもだかる沢潟の紋章をはめこんだ暮又(かえるまた)は、よく桃山時代の特徴を示したものである。
住所 松前町字福山(松前公園)
松前城・松前城資料館
松前町役場 北前船 松前 旅色 ネイチャーセンター 上ノ国観光協会
i-tech 木古内町観光協会 みなみ北海道 オンラインショップ
管理運営:松前町ツーリズム推進協議会(松前町・松前観光協会・松前商工会) TEL 0139-42-2726 FAX 0139-42-4333
北海道松前藩観光奉行 サイトマップ リンク お問い合わせ