TOP > 松前辞典 > 銅雀台瓦硯
TOP PAGE
フォトコン結果発表
松前観光PRビデオ
PLAY SPOT
SIGHTSEEING
TOURIST ROUTE
EVENT
ACCESS
WHAT'S MATSUMAE
NET SHOPPING
CHERRY BLOSSOMS
FOOD
SOUVENIR
STAYING
SHOP LIST
GALLERY
MATSUMAE DATA BASE
GUIDE BOOK
http://mobile.asobube.com/
教育旅行
夫婦の手紙全国コンク
BACK
銅雀台瓦硯

銅雀台の瓦を硯にしたとされる松前藩の家宝。
文明十七年(1485)、「北夷」(樺太)からアイヌ民族により、上ノ国花沢館を拠点としていた武田(蠣崎)信広にもたらされたと伝えられる硯。この硯は蠣崎(松前)氏の家宝として、近代の大正年間まで伝世されていたという。
中国製の硯が樺太からもたらされたということは、近世の山丹交易ルートである中国黒竜江下流域から樺太を経由して、蝦夷地のソウヤ(宗谷)などに至るルートが既に存在していたと伝えられる。
 『新羅之記録』下巻によれば、文禄二年(1593)正月に松前(蠣崎)慶広が「奥狄唐渡の嶋」から持ってきたという「唐衣」を徳川家康に献上しており、16世紀には北方から中国産の絹織物も蝦夷地にもたらされていた事を示している。
このことから蠣崎(松前)氏は中国交易ルートの統括者の立場を象徴するような家宝であるといえる。
「松前城資料館」に展示
住所 松前町字福山(松前公園 松前城資料館内)
松前城・松前城資料館
松前町役場 北前船 松前 旅色 ネイチャーセンター JCB
上ノ国観光協会 i-tech 木古内町観光協会 みなみ北海道 オンラインショップ
管理運営:松前町ツーリズム推進協議会(松前町・松前観光協会・松前商工会) TEL 0139-42-2726 FAX 0139-42-4333
北海道松前藩観光奉行 サイトマップ リンク お問い合わせ